浮気調査なら探偵王 浮気で失うものや代償

浮気で失うものや代償

浮気で失うものや代償とは

冷静な思考力も判断力も大きく低下

仕事や生活環境にも影響

浮気相手との関係が始まって3ヶ月から6ヶ月くらいの間は、浮気の初期段階といわれ、もっともモチベーションが高い時期です。

常に相手のことを考えてしまい、冷静な思考力も判断力も大きく低下してしまっている傾向があります。

そのため、仕事や生活環境にも大きな影響を与えます。

というのも、浮気や不倫というのはあまりいいイメージを持たれていません。しかし、その場の感情に身を任せ浮気をしてしまう事が冷静な思考力や判断力を失っているとも言えます。

また、バレたときのことを考えると、あまり積極的に浮気をしようと考えません。

浮気をした場合には、慰謝料や離婚、世間体など様々なものを失うこととなります。

そこで、浮気をした際に失うものや代償をまとめてみました。

失うものや代償6つ

普通の幸せ

幸せを失う

浮気や不倫をすることで普通の幸せを失うことになります。

浮気や不倫の経験者のほとんどが語ることなのですが、得たものは何もなくほとんどの方が幸せを失います。

浮気している時は、浮気相手とのが安らぎであったり、心地よさを感じることもありますが、ごく日常であった生活の一部である家族との生活がなくなってしまい普通の幸せを多く失います。

家庭や子供

最終的には離婚

家庭があることで仕事や育児や頑張れるという人も多いはずですが、安易な浮気や不倫をしてしまったことでその家庭、家族を失うことになります。

浮気を隠しきれたとしても、罪悪感や浮気の再発などで家庭を壊すことも考えられます。

浮気や不倫の結末としては離婚と言う結果が待っています。浮気がバレた方の3割近くの人は離婚をして、家庭や家族、子供を失っています。

家族を失ったあなたは露頭に迷う事になり、再婚相手を見つければその状況を回避出来ますが、バツイチの方と結婚したいという方はやはり少ないでしょう。

仕事

懲戒免職や解雇

例えば、社内などで浮気、不倫をしていた場合、同じ勤務ができないような規律もあります。

もしかすると仕事上で立場も悪くなり、仕事を失ってしまうかも考えられます。

不倫や浮気は社会に対する重大な信用失墜行為であると理解しましょう。

そのまま仕事を継続したところで、出世は見込めず冷遇され、挙句の果てには退職まで追い込まれる可能性も否定出来ません。

金銭的な負担

慰謝料や養育費

浮気や不倫経験者の多くは、金銭を失います。パートナーである夫や妻と離婚をすれば、慰謝料や養育費などの請求もされます。

離婚をしなくとも別居状態などとなっても婚姻関係が続く限り、生活費を支払う義務もあります。

一般的な判例や事例から考察すると、金銭的な負担はそれぞれ男性が多く女性は少なめとなっています。

ただ、多くの男性は安定した収入を持ち支払い能力があるからで、女性が専業主婦のまま離婚を言い渡され、慰謝料の支払い義務が生じた場合は0から仕事を始めなければなりません。

社会的信用

重大な信用失墜行為

浮気や不倫をすることでたとえパートナーである夫や妻に見つからなくても周りの人間から信用を失うこともあります。

そのような行為を繰り返すことで社会的な信用を失い、人間としての信用を失うこともあります。

良心の呵責

後悔や失敗

浮気や不倫をしているときは相手に夢中になっていて何も感じませんが、一旦その熱が冷めてしまえば、「一体、何をしていたんだろう」と後悔するでしょう。

彼女や結婚相手を泣かせ、家族を困らせた自分を恥じる時が必ずやってきます。

<< 浮気をするメリット・デメリット 浮気の兆候や予兆、前兆など >>

原一探偵事務所

24時間365日全国対応の【原一探偵事務所】

  • 積み重ねてきた実績と独自の調査力
  • 経験豊かな調査員と確かな技術
  • 日本全国規模のネットワーク

HAL探偵社

浮気調査専門の興信所【HAL探偵社】

  • 調査のプロフェッショナル
  • 質の高い情報収集とカウンセリング能力
  • 最高水準の調査サービス

浮気調査の対応地域

都道府県

新着記事

浮気調査に関する記事

関連ページ

Top
浮気調査なら探偵王 浮気で失うものや代償